社会に出たらルールが変わる

年末ですね。寒いですね。
今年はカニが高騰しているので買わずに年を越そうかと思っています。
仮想通貨も暴騰しています。利益確定すると最高で55%の税金がかかるようなので怖いですね。やめた方がいいと思います。

さて、色々と考えていたのですが事業で成功する為には「運」が大部分で必要なのかな?と思っています。
まあ、それはそうとして下記3つの事も大切かなと思っています。

①ものすごく頑張る
②悪い事をする
③人と違う事をする

企業に属している場合、大体のケースで①が選択されます。しかしこれで結果が出ることは稀です。というのも、ものすごく頑張るというのは文字通りであり、周りのライバルよりも、もっともっと頑張るという事です。ライバルもものすごく頑張っていた場合それ以上に頑張らなければなりません。これは実際には実現が難しいです。
ですからなかなか結果を出せない人があふれかえることになります。そりゃあ萎えるよねって話です。

②の悪い事をするというのは我々のような一般人では精神がキープできません。ですからこれも現実には実行できません。くまおさんの知人に前科者がいるのですが、頭のねじが外れています。こういう奴らと価値観を共有する事は無理です。ろくでなしって本当にいるんだね。

③は事象としての難易度は低いです。実行のハードルは「勇気」です。
最近だといい例が仮想通貨です。
実際に日本人で仮想通貨に手を出している人は何%いるのでしょうか?おそらく1%のいればいい方ではないかと思います。この仮想通貨は現在暴騰しており100倍どころか1,000倍、10,000倍という単位で上昇しています。これがバブルなのか、人によっては詐欺だといいます。よくわからないことだらけですがとにかく凄まじい現象です。
Mt.GOXが破綻した際に日本中がここぞとばかりにビットコインを批判しました。情勢的にこのタイミングでビットコインの購入は勇気がいりました。まるで新しい技術が成功したら困るかのような報道でしたね。

くまおさんの記憶では当時の1ビットコインの価格は5万円位。それが2017年12月7日には170万円を超えています。まだまだ上がる勢いです。お金の大小だけが成功の尺度ではありませんが、一つの目安としては機能すると思います。

人と違う事をするには勇気がいりますが、時に大きな利益をもたらすことがあります。
これはビジネスでも言えるのではないでしょうか。

学校にいた時と社会に出てからはルールが変わります。
学校にいる際は基本的に①で勝負する以外の選択肢がありません。しかし社会に出ると①で勝利を収めるの難易度が一気にあがり、割に合わなくなります。結果を出せる人もごく一部です。折角世界が広がってもこれでは意味がありません。

くまおさんには子供が3人いるのですが、ごく普通の子です。テストの点数が悪くて落ち込んでいるときもあります。そんな時にはこう言っています。

「大人になったらルールが今とは変わる。人と違う事をすることに価値があるんだよ。いま、テストの点がいいか悪いかはあまり関係ないから大丈夫だ。」

ウォーターサーバー全然関係ないや。。。まあいいんじゃない。

関連記事

ページ上部へ戻る