相変わらず夏場に広告費を上げてくるウォーターサーバーメーカー

相変わらず夏場に広告費を上げてくるんですよね。いや〜バカだね〜清々しいくらいバカだね〜。
口が悪くてごめんなさい。

ウォーターサーバーではアフィリエイトと言われる広告システムが採用されています。ブログなどで紹介して、それ経由で契約になると一定の広告費がブログ運営者に入る仕組みです。

ウォーターサーバー業界の繁忙期は夏です。そして業界で言うところの夏というのは5月頃からを指します。
毎年ゴールデンウィーク頃に年初来初の30度超えを記録する地点が出てきて、夏の雰囲気が始まります。その為、各社はそれに合わせてプロモーションを実施するわけです。

例えばクリクラは毎年5月にテレビCMを放映しています。
そしてその他メーカーは5月頃からアフィリエイト広告費を上昇させます。「夏になるから頑張って宣伝してね〜」と言った感じでしょうか。
しかし各社が一斉にアフィリエイト広告を上げるため、飛び抜ける会社が存在せず実際にはアフィリエイターには大きな影響を与えません。

本当に意味のあるプロモーションをアフィリエイターに実施させたいのであればすでに時遅しです。くまおさんは繰り返しウェブの情報操作に関して記事を書いていますが、アフィリエイトの情報操作サイトは一朝一夕では作れません。少なくとも数か月前から仕込みをする必要があるわけであり、例えばくまおさんが制作するサイトも数ヶ月経過してやっとちらほら閲覧が増えてくるくらいです。

でも・・・メーカーのウェブ担当者は本流からそれた2流の人材が充てがわれるため、そのような事を理解していないし認識していません。
お金さえ払えばウェブサイトは出来上がって、SEO対策もすぐに効果が現れると勘違いしています。

多分バカなんだろうね。そんなわけ無いでしょ。

もしもアフィリエイトにて夏場に売上を伸ばしたいなら、半年以上前の秋口終わりごろから仕込みをする必要があるのです。
アフィリエイター向けに定期勉強会を実施してみたり、有力アフィリエイターとコンタクトをとり実際に面談してみたり。
そういった活動の中で実際のニーズを吸い上げるのが懸命です。しかし秋口といえば各社夏の販促で予算を使い果たし、従業員も厳しいノルマからやっと開放される時期です。
そのような時期に自分だけ違う道を進むのはかなりの胆力が必要なので、大体の広告担当者は実施しません。しかも2流人材なので尚更です。

どうですか幹部の方々?だいたい当たってませんか?

では何故毎年毎年バカの一つ覚えの様に効果の薄い施策を実行するのでしょうか?

それは広告代理店にそのようにそそのかされるからだと、くまおさんは考えています。先程申し上げたようにウォーターサーバーメーカーにおいてウェブ販促担当者は2流以下の人材が充てがわれることが大半です。
ウォーターサーバーメーカーは基本的には営業会社なので花形はセールス部門になります。そして営業会社においてはセールスが得意な担当者は大抵ウェブが苦手なので、ウェブには2流以下の人材が充てがわれるという仕組みです。

当然ですが、その2流担当者はセールスの勘所が鈍いので、広告代理店の言われるがままに広告を打ちます。
広告代理店は広告のプロかもしれませんが、ウォーターサーバーやアフィリエイトのプロではないので情報が正しくありません。一般的な見解や他社と同じ施策を実行させようとします。
※くまおさんが広告代理店の人と接していた感想では、広告のプロでさえ無いですね。実際は。

ウェブ担当者の人、disってごめんなさい。
でもね・・・とあるウォーターサーバー担当の広告代理店さんが実際にそう感じると言っていましたし、くまおさんの在籍メーカーでもそうだったので概ね当たっているはずです。しかも本人はそうは思っていないので質が悪い。

普通のサラリーマンにとって、ウェブとはよくわからない業界なので、たとえ結果が出なかったとしても幹部連中はその2流人材を更迭することが出来ません。何故なら意味がわからないからです。
そういった悪循環が各メーカーで溜まってゆき、夏場だけピンポイントで広告出稿を増やすという愚行が横行するようになるのです。

それと・・・おそらく各社5月頃から社内セールスプロモーションを実施していると思います。
簡単に言えばセールス大会です。賞金や商品等を人参にしてセールスを競わせます。
でもこれは・・・夏に無理して増やした分が秋口以降に大量解約や社員モチベーション低下を招き結局のところ意味がないという結果になります。それが分かっているのに毎年毎年、これもバカの一つ覚えみたいに・・・バカなのかな?そうだな、バカなんだな。

今年もデジャブーが始まります。
そして年度末には予算切れで目標未達というメーカーが続出することでしょう。それすなわち、冬場に施策を打てないことを意味しますので、来年度も同じように5月頃から急に広告出稿を増やして、やっぱり予算未達というパターンが繰り返されます。

3月決算で無理な目標を掲げ続ける限り、この無意味なループは終わりません。
上記の様にくまおさんは予想しておこう。くまおさんの予想は本当に当たるからね。

関連記事

ページ上部へ戻る