光電話をひこうと思って比較サイトへ連絡してみた話

またまたウォーターサーバーにはあまり関係のない話です。
こちらのサイトは趣味サイトのようなものなので色々書きますが大目に見てください。

自宅に光電話を引こうと思いネットで検索をしました。

あまり光電話について知識がなかったのでネット情報を見ても比較さえできないという感じです。
アフィリエイトサイトが多く、適切な情報になかなかたどり着けない苛立ちを感じました。
これは、おそらくウォーターサーバーを検討しているユーザーも同じなのではないかと思います。

そして比較サイトのようなサイトを見つけ、会社情報を先に調べて、広告出稿状況を調べたうえであるサイトに申し込みをしました。個人情報を書くと担当者から電話がかかってくるという仕組みの様です。

しばらくすると電話が鳴りました。
電話を受けた瞬間に分かりました。
「この担当者は若くて、教養の低い男子だな」と。

まず、はっきりしゃべれない。そして言葉の最後がきちっとしていない。
セールスプロモーション系の会社ではよくいるタイプの従業員です。

きっと本人は認識していないと思います。
一応敬語で対応してくれていますし、特に失礼な対応はありませんでした。
しかし残念ながら無教養な感じが受話器からあふれ出ています。無礼すぎてごめんなさい・・・。

くまおさんの想定しているサービスに適合しそうになかったので、契約はせずに電話を切りました。

なんとなく、電話をかけているオフィスの向こう側が景色が目に浮かびます。
雑然としたオフィス、若い従業員、尖った髪型、かかとのすり減った革靴、グレーのストライプスーツ、竹刀・・・あくまでも想像です。

電話でも顧客は色々なことを勝手に想像するんだな~と感じた今日この頃です。
くまおさんも気を付けようと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る