プレミアムウォーターブラック企業という検索が多い

「プレミアムウォーターブラック企業」という検索が多いです。

くまおさんはプレミアムウォーターに就職したことがないので詳しくはわかりませんが諸事情を考慮するとおそらくブラック企業なのでしょう。

ここで勘違いしてほしくないのが、くまおさんは営業系ブラック企業に関してはかなり同情的であり、むしろ若干の親近感を持っています。
というのがくまおさんも営業系ブラック企業にて修行して、なおかつブラック企業の立ち上げを経験しているからです。

まずハッキリと言いたい!
「プレミアムウォーター ブラック企業」と検索してる暇があるならさっさと営業に行きなさい!

もしもあなたがプレミアムウォーターへの就職を検討しているならば、そんな検索をする程度の考えならば営業系の会社への就職はやめておきなさい!伸び盛りの営業会社は多かれ少なかれブラック企業です。メーカー側もそんな面倒な人間には入社してもらいたくないのでお互いにとって不幸な結末が待っていますから就職しないほうが身のためです。

日本政府が残業を無くすとか育児休暇がとか・・・色々言っていますが、そのような議論は営業系会社では成立しないと常々思っています。営業という仕事は「効率」が通用しない事も多々あり、というかその要素のほうが大きくコントロールが困難です。

「ブラック企業」という言葉が出てきて、若者はそれらリスクから逃れたいと願っています。
ですから逆に言えばそれがチャンスなのかもしれません。あえてそういった業界に飛び込んで来る優秀な人材は少ないので、気合と根性で勝ち抜ける可能性が十分にあります。

ウォーターサーバー営業は、ある程度の常識と日本語教養があることを前提とすれば、「気合と根性と勇気と鈍感力&投下時間」で営業成績が決まる単純な世界です。「頑張れば報われる」のがウォーターサーバー営業業界です。

トップセールスマンを狙うなら多少頭のネジが緩いほうが有利ですが、正しい方向に、ある一定量以上頑張ればほぼ確実に評価されます。
また、その頑張り方は上司や先輩が教えてくれるのでそのとおりに実行すれば、ほぼ結果につかがります。そこでイチイチ余計な解釈を入れてはいけません。言われたとおりに実行することが大切です。

とにかく自分のために頑張るのです。
取り合えす「顧客のため」「会社のため」という考えは捨てます。「自分のため」にフォーカスして頑張れば道が開けるでしょう!

関連記事

ページ上部へ戻る