ヒューレットパッカードのパソコンが届かない・・・

ウォーターサーバーとは全く関係のない話ですが、先日仕事で使おうと思いヒューレットパッカードのデスクトップPCを注文しました。
ヒューレットパッカードは以前も直販サイトからノートPC購入したことがあり、今回も同様に直販サイトからの購入です。
前回はすんなりと商品が届いた為、特に気にせずに注文したところ・・・欠品のお知らせが・・・。

5/19に注文し、5/23の23時にに下記メールが届きました。

ご注文いただいた製品は、ご好評につき現在欠品しております。
大変申し訳ございません。
納品日が確定いたしましたら、速やかにご連絡いたします。

じゃあ注文ページに欠品と書いておけよと思いながらも・・・
その後なかなか連絡がないので確認のメールを入れると・・・

この度は納期をお待たせしご不便をお掛けしており誠に申し訳ございません。
現在の入荷状況更新を確認を致しましたが
部材入荷時期を確認中のため、お客様へのお届けは
6月下旬以降の見込み状況でございます。

との事。BTOのPCなのでまあ仕方ないかな・・・と思っています。
その後電話でやり取りをしましたが、メモリーが不足しているとの事。5月ってそんなに不足する時期なのかな?と思いつつ、6月中には届くのかを確認しても頑なに納期は回答してくれませんでした。
6/20以降の見込みですとしか言ってくれません。
※その後納期確定のメールがあり、6/8に納期が確定しました。概ね3週間くらいですね。なんで縮まったのだろうか・・・?

それはさて置き、HPの直販は納期の件で多くの受注を逃していると思います。
くまおさんはそこまで急いでいないので気長に待ちますが、日本のユーザーはせいぜい2週間も待てば届くと思っているのではないでしょうか?
amazonの配送の速さに慣れてしまったユーザーはせっかちです。

少し調べてみると、ヒューレットパッカードの直販は納期に不満を持っている人が多いらしく、それによってキャンセルをする人も多いようです。(※口コミや掲示板を回遊してみました)

一応、キャンセルは可能なのかを質問したところ、こちらは理由を言っていないのに「納期が遅いという事でキャンセルは可能です」とコールセンターの担当者が言い出しました。
別に・・・納期の件は言っていませんが・・・。納期の件で詰められることにコールセンターは慣れてしまったのでしょう。

ヒューレットパッカードは東京都昭島市に製造工場を置きmade in Tokyoを売りに、最短納期5日間と公式サイトで大々的に打ち出しています。にも拘らず・・・くまおさんの製品で1か月の納期です。しかもまだ確定していないので伸びるかもしれません。

以前に、ヒューレットパッカード日本法人代表のインタビュー記事を見たことがあるのですが、下記のような内容だったと記憶しています。うろ覚えですが・・・

「中国生産ではどうしても納期が長くなってしう。その為、法人期末期等の需要期に売り上げを積み上げることが事実上できなかった。東京で生産することで納期圧縮が可能となり、そういった要望に対応できるようになった。結果として売り上げが伸び全体の利益改善にもつながった。」

おいおい・・・結局納期長いじゃないか・・・一部の製品は中国で製造しているようですが、くまおさん注文した製品は昭島生産のPCだよ・・・。

その他にも、価格ドットコムを見ていて入っていたヒューレットパッカードのバナー広告をクリックしたところ、「この製品は販売していません」というページに飛びました。
大丈夫なのか?ヒューレットパッカードは。マーケティングがザルですね。

くまおさんが注文したPCのスペックはそこまで特殊ではないのですが、デザインやモニターサイズ等が気に入っており、代替えが見つからないのでこのままヒューレットパッカードを待つことにします。

もう少し受注を絞ればいいのに・・・なぜわざわざクレーム製造機を動かし続けているのだろうか?
個人用PCよりも法人用に強いイメージなのでそちらを優先しているのか~と考えたりもしました。

ヒューレットパッカードの商品は魅力的なのですが、これから個人PC購入を検討している人はご注意ください。

関連記事

ページ上部へ戻る