クリクラ経営は儲かるの?

クリクラ経営儲かる

よく聞かれるんですよね?クリクラというか・・・リターナブルメーカーのウォーターサーバー事業全般について。
肌感覚ですが儲かる会社は5%位です。あくまでも肌感覚ですがだいたいどこのメーカーでも同じだと思います。

ウォーターサーバーは店舗型フランチャイズではないので「営業」行為が伴います。
フランチャイズで新規事業を検討する会社の多くが営業行為が苦手な会社です。営業行為が得意な会社はフランチャイズに加盟するという選択肢をあまり選びません。
ですからリターナブルメーカーの販売代理店は必然的に営業のあまり得意ではない会社が集まりがちです。

店舗型フランチャイズであればある程度の集客は予想できます(※本部のシミュレーションよりは下振れします)が、無店舗型のウォーターサーバーに関してはその会社の努力やポテンシャルに依存するところがとても大きいので、会社によって大きく差が出ます。

では自社がウォーターサーバー事業に参入した場合儲かるのか?というのはどのように判断すれば良いのかというと・・・プロに聞くしかありません。でも本当のことはなかなか言ってくれないんだな〜。

くまおさんはメーカー側で代理店開発担当をしていましたが、募集営業トークではその会社がうまゆくゆコトを想像できるように話をし事業参入を決意するように誘導していました。その段階で成功確率が低いと思っていても参入してもらいました。(※営業マンですからね。ごめんね♪)

ちなみに、くまおさんは「是非参入した方がいい!」とか「絶対儲かる」とか「上手くゆく」などと発言したことはありません。この様な勧誘は参入後のクレームにつながるのであくまでも第三者話法で対応しました。

「○○の様な会社は上手く運営しています。あなたの会社との共通点は〇〇です。あなたの会社でも実施できるかもしれません。でも上手く運営できるかどうかは御社の努力次第です。」

こんな感じで話をします。もしも失敗したとしても判断を下したのは経営者ですからメーカーの責任ではありません。
決断は経営者にさせなければなりません。

無能な代理店開発担当者は「絶対、上手くゆきます!」「一緒に頑張りましょう!」などといいますので、こういった担当者の言う事は信用しないほうがいいですよ。でも未熟な担当者はこんな事を言ってしまうのです。何度尻拭いをしたことか・・・。

本当に上手くゆくかどうかは経営者の才覚次第です。上手くゆく会社も有りますのでビジネスモデルとしては、間違っていないとくまおさんは思っています。確率は大体5%くらいです。銀行金利や宝くじの数百倍の確率で成功します!

関連記事

ページ上部へ戻る