ウォーターサーバー営業に向いてる人

タイプを4分類します。

1型:頭を使って結果を出すタイプ
2型:行動量で結果を出すタイプ
3型:センスはあるがサボるので結果が出ないタイプ
4型:センスがなく努力はするが結果が出ないタイプ

ウォーターサーバー営業に向いている人は2型もしくは3型です。
行動量で結果を稼ぎだすタイプがウォーターサーバー営業に向いています。
サボるタイプに対してはサボらせないように行動管理をすることで結果を出させることが出来ます。

1型には向いていない営業なので採用しないようにしましょう。

タイプを4分類します。

1型:頭を使って結果を出すタイプ
2型:行動量で結果を出すタイプ
3型:センスはあるがサボるので結果が出ないタイプ
4型:センスがなく努力はするが結果が出ないタイプ

4型は救いようがない上に周りに悪影響を与えるため採用しないようにしましょう。
頑張っても結果が出ないタイプは・・・厳しい。成長する前に退職することになるので諦めましょう。というか成長しないので採用しないほうがいいです。
4型が頑張れば頑張るほど余計な仕事が増え、複雑化します。

自分のタイプは試験によって判別できます。
試験方法はご自身で探してください。

リテール営業はあまり今後に繋がるスキルが身につかないので「オレって何してるんだろう・・・」という感覚と定期的に戦うことになります。
それを乗り切るだけの目的意識があるorそもそもそういったことは気にしないというタイプでないと続けることが困難です。

また、給料はあまり高くなく、入社後もあまり上昇しません。
最初は悪く無いかも知れませんが、トータル収入や自身の市場価値向上等を長い目で判断すると時間の切り売りになるのでNGです。

その後再転職する際に役立つスキルは特に身につかないので、社内で出世することにフォーカスしましょう。
元メーカー従業員からすると、その会社に骨を埋める覚悟が無いならば就職はオススメしません。

40歳を超えると身動きできなくなりますよ〜

ページ上部へ戻る