ウォーターサーバー会社に入社するの?やめておけば。

ハッキリお伝えします。
ウォーターサーバー市場は右肩上がりではありません。
厳密に言うと右肩上がりだけれども、今から入社してもあなたはその恩恵を受けることはないでしょう。右肩上がりの恩恵をうけるためには東日本大震災以前に入社する必要がありました。あれから五年経過していますので遅すぎです。

それと、この業界では高額の給料は期待しない方がいいですよ。
現場営業マンで一時的に給与が高くなる可能性はありますが、平均値は高くありません。やはりブルーカラーの誰でもデキる仕事なので給与水準は高くない傾向にあります。入社後の伸び率も高くありません。

ウォーターサーバーはストックビジネスなので一度顧客が作れると会社としての収支は安定してきます。
ですから上層部は比較的安定的に悪くない報酬を得ることが出来ます。しかし、一番つらいのは末端の社員です。末端社員の給料は高くなく、また仕事も顧客対応となる為にストレスが溜まります。

上層部はそれほどあくせく仕事をしなくても業績が急激に悪化する事業ではないために、仕事量と給料のバランスは悪くありません。その為上層部になればほとんど退職しないので、上の椅子が空きません。
東日本大震災直後であればどの会社も拡大していましたので、上の席がどんどん創出されていました。ですから上が狙える環境にあったといえます。しかし現在では各社そこまで急激に拡大する状況ではないため、末端社員の消耗戦が始まっています。

先日あるメーカー担当者と話をしましたが「売れない」そうです。
比較的条件の良い上位メーカーなのですがかなり苦戦しているようです。この担当者は本部員なのでかなり恵まれた環境で仕事をしていますがそれでも給料は上がりません。

ですから、これからウォーターサーバー会社に就職する事はあまりオススメしませんね。代理店開発やスーパーバイザー等の特殊な役職ならば有りかもしれませんが、経験者でない限りそのポジションにいきなり就任する事はできないでしょう。

それと、もしも現場営業で採用されるとしたら・・・リテール営業のスキルしか身につかないのであなたの市場価値は上がりません。ですから就職するならその会社で出世する以外に道はなくなります。その状態で年齢を重ねると転職は難しくなります。

まあ、頑張れよ。

関連記事

ページ上部へ戻る