ウォーターサーバーでは味は全く関係ないよ

ウォーターサーバーのお水の味は販促にとっては全く関係のない要素です。何故ならお水の味は常人の舌では判別できないからです。
他のサイトで味比較記事を掲載しているのでよろしければ参考にしてください。

http://kumaosan.com/

くまおさんが現役時代にウォーターサーバー代理店になる方の研修で、お水の飲み比べをしてもらっていました。その際に飲み比べてもらうお水は3種類で、「ウォーターサーバー水」「水道水」「ミネラルウォーター硬水」です。
水道水と硬水はかなり特徴があるので何ら問題なく飲み分けができる・・・はずでした・・・が・・・多くの人が間違えます。
これだけ差があるお水の差がわからないのが人間なのです。常温で飲み比べれば分かりそうなものですが、冷やしてしまったらもうわかりません。この飲み比べ研修は「お水の味はセールスでは関係ないよ♪」と言う事を体感してもらうために実施していたものです。

ウォーターサーバーは味ではなく、便利さを買ってもらうサービスですから味なんて関係ないんですね。これは考え方によっては水道水が美味しいと言われる田舎でも一緒です。水道水が美味しいから=ウォーターサーバーは契約しないということにはなりません。それとこれとは話が違うからです。ですからウォーターサーバー事業に関して言うとエリア性はあまり気にする必要はありません。田舎であろうと都会であろうと条件は一緒です。むしろ都会は頭のいいひとが多いので売りにくいと考えたほうが良いでしょう。

お水の味はセールスには関係ないのだから、結局のところどこで事業を行っても一緒です。
そこで足踏みしているあなた!問題はエリア制ではありません。上手くゆくかどうかはあなた自身の問題です。

関連記事

ページ上部へ戻る