お医者様に疑問を持った話

くまおさん、今日病院へ行きました。
というのも健康診断でγ-gtp401という数値をたたき出してしまったためです。
通常であれば即時入院の数値です。

以前にも健康診断で引っ掛かったため、腹部エコー検査をしたのですが異常は特に見当たらず経過観察という事になっていました。
その後、別の病院で健康診断を受けたため、再度腹部エコー検査を受けることになりました。初回で異常は見当たらず、経過観察で3か月後に再度腹部エコー検査を実施するも、特に異常はないという状況です。

ここまでは特に問題ありません。問題は担当のお医者様について。
後期高齢者位の年齢だと思われる男性のお医者様です。
金無垢のPiagetの時計をしているいかにもお医者様といった感じの人。

今回含めてこの医師に会うのは4回目です。
まあ、ひどい。加齢に伴う事だと思うのであまり悪く言うのは気が引けるのですが、もう引退した方がいいと思います。

お医者様「・・・えーとγ-gtpが・・・いつの結果だこれ?」※字が汚く、自分で書いた文字が読めない。
お医者様「・・・γ-gtp401!今すぐ禁酒しなさい!すぐにエコー検査だ!」
くまおさん「・・・・。」
看護師「先生。エコー検査は受けられていますよ。」※ちなみにエコー検査は別の専門医が実施しています。
お医者様「いつ頃受けたの?何月?」
くまおさん「今回が2回目のエコー検査で、前回異常なしで経過観察と言われ、再度エコー検査を行いました。それが先週です。その結果を聞きに来ています。」
お医者様「アルコールは飲むの?」
くまおさん「大して飲みません。機会飲酒です。(※これ毎回聞かれてるんだよな・・・)」
お医者様「エコー検査は?」
くまおさん「ですから、先生に診断してもらって、2回目の検査が先週終わったところです。(※もう勘弁してよ・・・)」
看護師「先生、(カルテをめくりながら)これが最初で9月に受けられていますね。前回が12月で先週受けられています。こちらに所見が書いてありますが特に異常はないようです。」
お医者様「そうか、そうか。自覚症状はあるの?」
くまおさん「特にありません。(※これも前回言ってるのに・・・)」
お医者様「じゃあ、禁酒して適度な運動とストレスを溜めない生活をしてください。そうすれば数字は下がってきますから。」
くまおさん「原因不明という事ですか?体質ですか?」
お医者様「体質という事は・・・」
くまおさん「原因は何なのでしょうか?」
お医者様「う・・・ん。薬も特に・・・経過観察・・・と。」
看護師「何かほかにご不明な点はありますか?」
くまおさん「(※ご不明点だらけだけど、というか不明点しかないけど。)もういいです。」
お医者様「お大事に~」

おい!志村けんのコントかよ?

これはまずいだろう。
カルテに書いてあるんだから読んでおけよ。
多分、電子カルテの打ち込みが出来ないから、紙ベースのカルテなんだろうけれども、紙に書くならせめて読める字で書けよ。
というか、医者として機能していないでしょ。

と感じました。
多分、看護師さんも同じことを感じて毎日過ごしているのだと思います、しかしお医者様の方が偉いので何も言えないのでしょう。
でも、そんなお医者様でも最後には「ありがとうございました。」と言って診察室を出てこなければならない事に不思議を感じました。
もう十分に稼いだでしょうから、後進に席を譲って引退するのが良いと思いました。

くまおさんはこの病院へは今後行かないと思います。愚痴っぽくなっちゃったな~

関連記事

ページ上部へ戻る